みんなのお金がない時にとった行動~どこで借りる?

家族にお金を借りる

お金がどうしても足りない。手元に現金がない。お金が必要な場合、私は、家族にお金を借りると思います。消費者金融は、金利も高くつきますし、そこに手を出してしまったら

今度借金まみれになりそうな木がしてなりません。どんどん利子が増えて悪循環になりそうな気がします。

保証人もつけないといけないなんて、ほかにも迷惑がかかると思います。もし、返せなかった場合は、家族にまで迷惑をかけることになります。不幸になる人がもっと増えていくと思います。

そしてもう一つ、友達にもお金を借りた場合、友情は絶対崩れます。崩れる気がします。もし逆な立場で友達がお金を貸してほしいと言われたとき困ってしまいますし、今まで築き上げた信頼関係がその瞬間からなくなってしまうように思えます。

それにもし、高額だった場合は、そんな大きなお金は、貸してくれないと思います。いや借りれないと思います。

先ほど書きましたが、家族が一番いいと思います。家族には、その時に借りたお金をどれくらいの期間で返すかきちんと説明、紙に書いてお金を貸してもらいます。

そして次回からは、お金を借りないように今後どうするかちゃんと家族に説明して迷惑かけないようにわかってもらうようにします。いくら家族だからといって甘えてはいけないと思います。

ちゃんとお金を借りたのですから、きちんと最後まで返済する。家族でも信頼関係はあります。それを裏切らないようにちゃんと生活を送ることその意思をきちんと伝えたいとおもいます。

もし返済が終わったときには、ちゃんと家族に迷惑をかけたので、借りた金額よりも気持ち何かをしたいと思います。甘えてしまうのが、家族ですが、ちゃんと借りたお金はきちんと返したいと思います。

家族に借りれないって場合は、キャッシングを利用するのも一つの方法かもしれないです。

最近ではスマホのアプリ経由で申込・契約と出来るみたいなので、スムーズにお金を借りる事が出来るそうです。

キャッシングアプリでお金を借りる

持っているものを売る

普段きちんと生活をして、節制を心がけていても突然の出費というものはあるものです。

たとえば、冠婚葬祭が短期間に集中してしまったり、そのための交通費や宿泊費、食費が必要になってしまうという事は誰にでもある可能性はあります。

しかも現金が必要になった場合は非常に困ります。時間をやりくりしてアルバイトをしたとしても、その給料は数か月後に入金されるでしょうし、そういった時には色々と考えるものです。

貯金もなく、どうしてもお金が必要となった時にまずやる行動としては持っているものを売るという事です。現在は本やCDだけでなく、色々なものを買い取ってくれる会社が存在します。

大きくて重い物でもインターネットで申し込めば専用の段ボールが無料で送られてきて非常に便利です。

特にお金になりやすいものがブランド品や洋服や楽器類です。これらはもう着なかったり使わなかったりという踏ん切りがつきやすく、高価で買い取ってもらえる可能性も高いです。

これまで倉庫に置いてあったものも荷造りさえすれば着払いで取りに来てくれて、すぐに査定結果をメールでお知らせしてくれます。振り込みも早いですし、かなりオススメだと言えます。

それでも売るものもなく、どうしようもないというときにはやはりキャッシングではないでしょうか。友人や知り合いに借りるという手段もありますが、やはり気まずいものです。

高額ですとトラブルになったり、友情にひびが入ってしまうこともありなるべくなら避けたいと考える方は多いのではないでしょうか。

最近のキャッシングはカードさえ持っていればコンビニエンスストアのATMで人知れずすぐに借りることができます。これは非常に便利だと思います。金利はもちろん払いますが、きちんと返済できるならば利用しやすいと思います。

クレジットカードを使う

貯金もなく、手元に現金がない場合、給与が入ってくる予定がある場合は、使う事が出来るクレジットカードの使用で事を済ませる事があるかと思われます。

ただ、このような事も困難である場合等は、タンスや引き出しに眠っている、引き出物やお祝い返し・アンケートのお礼で頂いた図書券の他、QUOカード、全国共通デパート券・クレジットカード会社系のギフトカードがないか等を探しあたります。

その中でも、必要に応じて、これらの商品券をそのまま利用してほしい商品を購入する事もありますが、どうしても現金が必要な場合は、金券ショップにこれらの金券を持ち込み、現金化する事により現金を手に入れます。

このような手段は給料日までの間のつなぎとしてよく活用している方法でありますが、これらの方法によらない場合は、別の方法を考えます。

例えば、ゲゲゲの女房ではありませんが、妻が嫁入り道具で持って着た大島紬等の和服を質入れして現金を手に入れる事がありましたが、そこまで高価な商品は現代社会では皆無でしょう。

最悪の場合は、銀行あるいは消費者金融(無人契約機もありますが)によるカードローンを活用する事もあるかも知れませんが、これらも使いすぎると家計破綻のリスクが増すため、利用に関しては最小限に抑えたい所です。

思いつく範囲での現金調達方法はこのあたりですが、後の返済等を考えると、最小限に抑えたいところです。

もし、様々な手段を工面しても無理がある場合は、それぞれの両親に事情を説明した上で費用の無心を依頼する事も一つの手だと思いますが、特に義理の父母の場合でしたら、この事をきっかけに関係悪化させることもある為、必要な理由は納得がいくような説明を行い、必要最小限に留めたいところです。

但し、資金面にめどが付いた場合は早急に返済計画を立てる必要があります。良い信頼関係と良い与信の査定を付ける為にも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です