明治神宮で七五三。母と娘はレンタルドレスで参拝しました。

昨年、娘の七五三を明治神宮でしましたが、とても良かったです。明治神宮は、東京都渋谷区にある神社でっす。初詣は毎年日本一の参拝者数を誇ります。JR 原宿駅、千代田線・副都心線 明治神宮前駅下車だけでなく、小田急電鉄小田原線 参宮橋駅、都営地下鉄大江戸線 代々木駅、JR 代々木駅、副都心線北参道駅からもアクセスできます。

娘、妻は和装で、また義理の母も和装で日本らしい七五三だったと思っていますし、何よりも子供の成長を大いに感じることができる行事だと思っています。

ただ、七五三で和装で臨むのは、なかなか大変でした。
七五三の当日は朝5時に起きます。
和装を準備支度をし、車で行きつけの美容院へいき、髪と着物を着るということになります。
前日、私が仕事で帰宅したのは夜中ね1時過ぎで、5時に起床は大変辛く、かつ朝からドタバタした日を今でも思い出します。

男性にとっては七五三は裏方に徹しておくのが一番良いと思います。
娘は2回目の七五三ですが、髪やお化粧もしっかりととのえて臨みました。そして娘が来た着物は、妻の七五三の時に使ったもので、なんだか嬉しい気分になったことも覚えています。
娘が髪やお化粧をととのえた姿をみると、子供の成長を改めて実感し、思わず涙が出てきましたし、七五三もこれで最後かと思うと、少し寂しい気分にもなりました。

明治神宮での七五三は大変丁寧に対応いただきました。
特に、神楽殿でのお祓いや、神楽の舞は日本の伝統文化を大いに感じることができ、大変良いものでした。
娘の1回の七五三はドタバタで、娘がお参り途中でぐずったり、髪のセットがとれてしまい、髪がぐちゃぐちゃな状態で写真を撮ったりと散々な七五三でしたが、さすがに2回目の七五三になると慣れてました。
ただ、帰りの車では娘、妻ともに疲れ果て、車内で爆睡していました。

七五三の行事は準備などで大変ではありますが、是非ともやっておくべき行事です。着物はレンタルで十分でしたよ。参考に紹介しますね。このサイトです…着物レンタル東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です